Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コラーゲンの役割と選び方

コラーゲンといえば化粧品から健康食品にいたるまでかなり有名な原料といえます。

イメージとしては潤い、ハリを与えてくれる。また膝や腰の痛い年配の方に対して

関節の痛み軽減など、とても馴染み深いものではないでしょうか。

そこで、コラーゲンについて効果的な使い方や選び方を覚えておきましょう。

sns

コラーゲンは保湿、保水力に優れ安全で、わたしたちの体内にも存在する成分です。

そのコラーゲンは年を重ねるごとに減少することで肌のハリが失われ、骨や髪、関節などに

影響を与えます。

pixta_8577236_s

だから、コラーゲンを化粧品で補いサプリで体内に入れてしまえばいつまでも美肌で

健康を維持できると安易に思うのは間違い。

コラーゲンというタンパク質は皮膚に強さやハリ、弾力を与えます。ただし、分子量が

大きいため肌に浸透するというよりは、肌表面で留まり潤いを与えるという役割のほうが

強くなります。そこで多くの化粧品会社が「ナノ化」「低分子」コラーゲンとして、分子量

を小さくすることで肌に浸透するよう工夫。さらに肌に塗布するだけでは限界があるという

謳い文句で「飲むコラーゲン」というように直接体内へ入れることで潤うよ、といった健康

食品へと派生しています。

コラーゲンは年齢を重ねるごとに減少していくことは事実です。ただし、安易にコラーゲン

ばかりに固執して摂取することはおすすめできません。あくまで補助的な意味で化粧品でも

サプリメントでも取り入れてください。まずはバランスのよい食生活。これが基本です。

値のはるコラーゲンドリンク、化粧品を使うことよりも、毎食事で、「コラーゲン入っている

かな?」とバランスを考えて取り入れるだけでいいのです。もっと言えば、コラーゲンは

たまたま有名ですが、美肌になるためには他にもたくさんの要素があり、たくさんの成分も

存在します。それらすべてを取り入れることは不可能に近いです。

ぜひコラーゲンに限らず食品から上手に取り入れること、その上でコラーゲンにも色々な

種類があるので化粧品でしたら低分子、ナノ化されたものを選択して取り入れる生活を送ってください。