絶景&最強のパワースポット

富士山、分杭峠と並び日本の三大パワースポットの1つとされている「聖域の岬」。

ranpu

出展

石川県の能登半島の北東端にある「聖域の岬」は、岬に集まる“地上の気流”、北からの海流

である“リマン寒流”、南からの海流である“対馬暖流”の3つのエネルギーが交わる場所です。

自然のパワーが集結する世界的にも珍しい地形で、別名「ウルトラパワースポット」とも呼

ばれています。

特にご紹介したいのがパワーホール。

パワーホールは、岩の窪みに入った小さな石が波の力などにより、約500万年かけて作り出さ

れたと言われています。まさに大自然の賜物ですね。

大きいものだと直径約7m、水深約8mにもなるそう。水温は常に5〜6度前後と暖かく、水は

青く透き通っています。

pawa

出展
この付近で汲まれた水は100年経っても腐らないという伝説があり、ここで汲んだ水は一升瓶

1本で1億2000万円の価値と言う噂まであります。

パワーホールのある場所は長い間誰も行くことの出来なかった場所にあり、今でも誰でも

行くことができるという訳ではありません。

「ランプの宿」という旅館の敷地内にあるため、宿泊者でないと行くことができないのです。

しかし、この「ランプの宿」が予約いっぱいの人気旅館。部屋数も少ないため、常に半年先

まで予約が取れないと言われています。

「ランプの宿」に宿泊する以外で唯一パワーホールを拝める場所が「スカイバード」という

空中展望台。こちらは「よしが浦温泉ランプ」という旅館の敷地内にあるのですが、宿泊者

でなくても行ける場所です。

空中展望台と言われるだけあり、高さがなんと9.5mも!よりパワーを浴びるために作られた

ため、この高さになったそうです。

自然のパワーを存分に感じられる「聖域の岬」。是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?