一度は行ってみたい!紅葉の名所

紅葉の名所といえばどこを思い浮かべますか?秋も深まりもうすぐ紅葉の季節ということで、

数え切れないほど紅葉の名所がある京都の中でも別格と言われている「永観堂」についてまと

めてみました!

kagami

「永観堂」は京都の左京区にある浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院です。「永観堂」は、大き

な阿弥陀仏を描いた「山越阿弥陀図」と、音を出す仏具「金銅蓮華文磬」の2つの国宝をはじ

め、多くの有名文化財があることでも知られていますが、やはり1番の魅力は紅葉です。その

美しさから“モミジの永観堂”と呼ばれているほど。

「永観堂」の紅葉が色づき始めるのは11月の中旬ごろ。それから見頃となる11月下旬にかけ

て、イロハモミジ・ヤマモミジ・オオモミジなど、およそ3000本もの紅葉を楽しむことができ

ます。特に必見なのが境内の中央に位置する放生池周辺からの眺めです。池を囲む色とりどり

のモミジと水面に写ったモミジのコラボレーションは圧巻の景色です。

また、御影堂の裏にある石段の紅葉トンネルからの岩垣紅葉もおすすめのスポットです。岩垣

紅葉は古今和歌集でも詠われた「永観堂」の名物ですのでお見逃しのないように。

毎年11月になると夜間の特別拝観も始まります。ライトアップされた紅葉は幻想的でとても美

しく、同じ場所でも昼と夜では違った表情を楽しむことが出来ます。

今ではすっかり定着した夜間の特別拝観及びライトアップですが、「永観堂」がその先駆けと

なった寺院だと言われています。

yoru

出展

「永観堂」は歴史のある京都随一の紅葉名所として観光ガイドブックで特集されたこともあ

り、とても人気のある場所です。紅葉シーズンは混雑が予想されますので、混雑を避けるなら

平日の朝早い時間帯が狙い目です。

永観堂

住所:京都市左京区永観堂町48

電話:075-761-0007

アクセス:市バス5系統「南禅寺永観堂道」下車で徒歩3分

http://www.eikando.or.jp/