自分のまつげで勝負する方法

最近ではつけまつげの他にもまつげエクステ、まつげ美容液など、一時期は衰退していた

まつげ市場が盛り上がりをみせています。まつげは絶対長いほうがいい!そういう風潮

でしょうか。しかし、なんだかんだ言っても自分のまつげに勝るものはありません。

まつげについて知りましょう。

5983219899_d57a2e1e65_b

出典:http://free.gatag.net/

まつげの寿命

まつげと髪の毛の寿命は違います。髪の毛は年単位で生え変わるのに対して、まつげは

1~3ヶ月。それはそうですね。年単位で生えていたら前が見えないくらい長くなります。

さて、このまつげ、だいたい1cm前後の長さですが、人によっては短い人、ふさふさと

長い人に分かれます。やはりまつげの長さやふさふさ加減は、女性の目を大きく見せて

美しく装います。

しかし、昨今エクステやマスカラ、アイラインなど元々薄い目元の皮膚に生えているまつげ

を酷使することで、寿命を全うできないまつげが増加中。そのため、1~3ヶ月を待たずに

抜けてしまうまつげが多いのです。

しかしメイクは毎日行います。結果としてスカスカ、短いまつげのオンパレードに。

まつげもしっかりケアが必要です。

まずは洗顔やクレンジングを優しくしてあげること。目元の皮膚は薄いのでゴシゴシすること

で小じわの原因にもなります。また保湿をしっかりしてあげてください。

まつげの根本、あくまで目の中に入らないよう注意して、保湿。これで健康なまつげが生える

環境が整います。ビューラーも要注意ですよ。引っ張ることはよくありません。

また今日はアイメークお休み!!という日を作ってあげることも大切です。

そうすることで自然と自分のまつげで勝負できる日が近づいてくるのではないでしょうか。

ぜひお試しください。