まつ毛ダニは危ない!目元に潜む恐怖の予防方法とは?

顔にダニがいると聞いただけでも不快に感じますが、まつ毛に繁殖するまつ毛ダニは特に危ないので注意が必要です。もし、放置してしまうとどれだけ危ないのか、まつ毛ダニについて良く知っておくことで予防策が見えてくるはず。

そこで、まつ毛ダニについて調べて分かった予防法まで解説していきたいと思います。

まつ毛ダニは危ないのか?

まつ毛に生息するダニであり、正しくはデモデックスというニキビダニの一種です。まつ毛の毛根に繁殖することで、まつ毛の生える土台が弱り、抜け毛やまつ毛が細くなる原因と言われており、落としきれなかった目元の汚れや化粧の残りが繁殖の原因となっています。

特にまつ毛エクステをされている方に良く見られる為、まつ毛エクステをするとまつ毛ダニが繁殖するのではないかともいわれていますが実際はどうなのでしょうか?

まつ毛エクステとまつ毛ダニの関係とは?

まつ毛エクステは、グルーといわれる接着剤を用いて人口まつ毛を付けることで目元を華やかに出来るため、ナチュラルメイクやすっぴんに自信が持てると人気の施術です。

この施術は、オイル系のクレンジングを使用していたり、強くこすることで取れやすく長持ちしないという欠点があるため、まつ毛エクステをしている方は十分に汚れを落とせずにクレンジングを終わらせていることが多いようです。

その為、まつ毛エクステをしている方の目元には、化粧の汚れが残っていることが多くまつ毛ダニが繁殖しやすい環境を作っているということ。

これが、まつ毛エクステをしているとまつ毛ダニが繁殖するといわれている原因なのではないでしょうか。

まつ毛ダニの危ない理由とは?

顔にダニがいるというだけで不快に感じる方も多いでしょう。しかし、このダニは顔の皮脂などを食べてくれるため、存在そのものが悪というわけではありません。

過剰に繁殖してしまうことが危ないのです。

まつ毛ダニが繁殖することで起こる症状として有名なのが、痒み・目ヤニと言われていますが、他にも目を保護する皮脂を分泌しているマイボーム腺という皮脂腺を詰まらせてしまうことで、ドライアイやものもらいといった眼病をも引き起こしてしまうため、どれだけ危ないかがわかります。

まつ毛ダニを予防するにはどうしたら良い?

もちろん予防法はあります。

過剰に繁殖するのは汚れが残っているから、つまり清潔に保つことが最も有効な予防法だと言えます。

まつ毛エクステをしている方にとっては、難しいことのように感じるかもしれませんが、最近ではまつエクOKのクレンジングも多数販売されており、オイルクレンジングを使用しても大丈夫なグルーを使用しているまつエクサロンもあるようです。

そして今注目度が上がってきており、眼科医が推奨していることでも認知度が上がってきている「リッドハイジーン」という効果をご存知でしょうか?

リッドハイジーンでまつ毛ダニを予防!

リッドハイジーンとは、目元を清潔に保つことという意味があり、海外では常識とまで言われています。
日本では、アイシャンプーとして販売されており、使用方法は綿棒などにつけて目元の縁をなぞるように付けていくことで清潔に保つことが出来るというものです。

このリッドハイジーンは、アイクリニックの眼科医が非常に力を入れて紹介していることで、認知度が高くなってきており、まつ毛ダニの予防に高い効果を発揮しているのだとか。

しかし、リッドハイジーンだけでは予防には不十分ですので、しっかりとクレンジングで汚れを落とすことを忘れてはいけません。

クレンジングでしっかり汚れを落とそう!

汚れを落とすということに焦点を当てると、やはり洗浄力の高いオイルクレンジングを使用するべきだと思う方は多いかもしれません。しかし、クレンジングにとって最も大切なのは、「落とす」と「残す」のバランスです。

洗浄力の高すぎるクレンジングでは、肌に必要な皮脂まですべて洗い流してしまうため、お肌の乾燥の原因になってしまいます。

まつ毛ダニを予防する目的で肌を痛めてしまっては元も子もありませんので、しっかりとバランスの良いクレンジングを選ぶことが重要。